たぶん、ねむたくなる

忘備録的におもったことだけ

MISFIT SHINE 2を3ヶ月使って感じたこと

MISFIT SHINE 2を今年の2/21ぐらいから約3ヶ月つけてわかったこと書き出してみる。 買おうと思っている人の参考になれば嬉しい。

f:id:tak073:20160604224144j:plain



購入動機・購入前デバイス検証

記憶の定着力の弱さを感じるようになったので根本的な生活見直ししようと思い、その流れで睡眠量計を買おうと決意。 購入候補とかはこんな感じ

  • MISFIT SHINE 2
    • ◯ : 軽い
    • ◯ : 50m防水で生活の支障がなさそう
    • ◯ : ボタン電池で4ヶ月
    • △ : アプリがよくなさそう
    • △ : 普段時計をつけていたので時計型は辛い


  • Jawbone UP3
    • ◯ : 心拍数が取れる (睡眠ログの精度が高いはず)
    • ◯ : デザイン良い
    • ◯ : 米アマゾンで買えばコスパ良い
    • △ : アレルギー反応の可能性 (レビュー)
    • △ : 故障率特に高そう (レビュー)


  • Fitbit ChargeHR
    • ◯ : 心拍数が取れる (睡眠ログの精度が高いはず)
    • ◯ : 米アマゾンで買えばコスパ良い
    • △ : アレルギー反応の可能性 (レビュー)
    • △ : 故障率高そう (レビュー)


  • Fitbit alta
    • ◯ : デザイン良い
    • △ : 当時まだ未発売 (だった)


  • Withings Activite Pop
    • ◯ : 時計として見れるデザイン
    • ◯ : 50m防水
    • ◯ : 電池で8ヶ月
    • △ : データの信憑性 (レビュー)
    • △ : ガラスが割れる (レビュー)


  • SONY SmartBand 2
    • ◯ : 心拍数が取れる (睡眠ログの精度が高いはず)
    • ◯ : 防水, 防塵
    • ◯ : デザイン良い
    • △ : iOSだと取得できるログの種類は限られる



上記を相対的に判断してMISFIT SHINE 2を購入しました。

  • 購入基準としては...
    • ボタン(バッテリー)の継続期間
    • 生活防水 (家事や育児において必須)
    • 耐久性 (家事や育児において必須)
    • デザイン
    • 価格帯
    • 身体安全性

が中心です。



3ヶ月経っての使用感

f:id:tak073:20160604224205p:plain

使ったレビューとして良い点、悪い点、買う前から意識しておくべき点は次のような感じです。

  • 良い点
    • 睡眠量計として夜から朝にかけての主となる睡眠の精度は高い
    • 走ったりしたところこちらも精度高そう
    • 軽い、すっごく軽い
    • バッテリーを気にしなくていいのはやっぱり大きい
    • サポートの方の対応は親切
  • 改善して欲しい点
    • バッテリー表示が常にフルで同期されてなさそう
    • 付属のバンドだと本体が飛んで行きやすい
      • 育児などされてる方は抱っこなど気をつけたほうがいいかも
    • 食後の昼寝や2度寝などは睡眠扱いしてくれない
      • 睡眠途中の排泄系(短い時間の動き)であれば1睡眠の途中に動いたという扱いになる
    • 自転車はアプリ内においては運動扱いにならない
      • 外部アプリと連携はできるが内容としての詳細な連携は出来ない
    • 耐久性は結構疑問が残る
      • 時計モードがちゃんと機能しなくなることがあった
      • いきなり電源落ち、データが計測されない時があった
  • 意識した方が良い点
    • 計測はしてくれるがデータに基づいたアドバイスなどは無い
  • iOSアプリで発見したバグ
    • (アプリがバッググラウンドにある状態でも)途中でOSのBluetoothをオフにすると再度オンにしても同期されなくなる
      • 復活方法としては再度電池を取り出してまた入れれば再同期できました
      • その際に気になるデータどうなるの?という点に関しては電池を抜いてもデータは残っていました

という感じです。
Androidの方は連携させてないのでちょっとわかんないですが、Webでのアカウントページでステータス確認出来るのはいいですね。



総評

アプリなどから睡眠などに対するアドバイス(フィードバック)が無く、データを取得した先は各ユーザーの自主性が問われるのでその点で考えて判断するのが良い と思われます。 とは言え他のデバイスがそういったフィードバックをくれるのかどうかは謎ですが…
一応、子供がいるような人がデバイスを気にすること無く日常的に使うことが出来るという意味では、他のデバイスより使えるのかなーと。

ちなみに僕個人の場合は翌日の集中力が保たれる睡眠時間を把握できたり、睡眠に関しての知見を得るために書籍をざっと読んだりなどして自身のアクションにつなげることが出きたので良かったです。
参考までに僕が読んだ本は、睡眠研究の第一人者として活躍してらっしゃる金沢大学の“櫻井 武”教授の著書をザーって読みました(大変失礼ながら睡眠に関して調べるまでは櫻井先生のことは知りませんでしたが…)。 読んだ結果としては下手な睡眠知識でこのデバイスを扱うより全然有意義なものになった認識なのでこういった書籍も合わせて読むことをオススメします。

睡眠の科学―なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか (ブルーバックス)


食欲の科学 (ブルーバックス)


睡眠障害のなぞを解く 「眠りのしくみ」から「眠るスキル」まで (健康ライブラリー)